差圧流量計

温度・圧力補正形差圧発信器 DSTJ™3000 Ace+ 形 JTD720A

Model No.
JTD720A
JTD720

DSTJ™3000スマート・トランスミッタ温度・圧力補正形差圧発信器は、差圧・圧力・温度を同時測定し、静圧変動・温度変動による密度変化を補正し、質量流量(標準状態における容積流量)を出力します。

  • 温度圧力補正機能により、発信器1台で気体の質量流量測定を実現
  • 高精度/ハイレンジアビリティ
  • 温度・圧力の表示が可能

DSTJ™3000 Ace+ スマート・トランスミッタ温度・圧力補正形差圧発信器は、気体の質量流量測定のための差圧発信器です。
差圧・圧力・温度を同時測定し、静圧変動、温度変動による密度変化の補正を行い、質量流量(または標準状態における容積流量)に比例した4~20mA DCのアナログ信号を出力します。

発信器1台で気体の質量流量測定を実現

差圧発信器・圧力発信器・温度変換器・演算器の機能1台に集約。
機器購入コスト、配線コスト、予備品コスト、保守コストの削減が可能です。
使用機器の削減によりループ精度も向上します。

既設設備をそのまま利用して、発信器を交換すれば、温度・圧力補正(体積流量⇒質量流量での管理)が可能に

既設の配管、導圧管、オリフィスはそのまま利用可能です。
差圧レンジもそのままで簡単に温圧補正に更新できます。

高精度/ハイレンジアビリティ差圧設定可能

スパン0.75~100kPaでレンジアビリティ135:1を実現しました。
新開発のDualセンサ採用により、差圧の測定スパン5kPaから精度±0.1%F.Sを保証、小流量から大流量まで安定した測定が可能です。

温度・圧力の表示が可能

デジタル指示計(オプション)で流量表示の他、温度・圧力の同時表示が可能となり、温度計・圧力計の設置が不要となります。
監視用途に使用できます。

飽和蒸気補正

飽和蒸気専用の密度補正を実施します。
飽和蒸気の静圧から蒸気密度を算出するため、温度入力は不要です。
正確な質量流量を測定することで、ユーティリティ蒸気の厳密な使用量の管理が可能になります。

※ 製品仕様書(スペックシート)が開きます

フィールド機器・調節弁に関するお問い合わせ

コンタクトセンター

050-1807-3520

営業日:9:30~12:00/13:00~17:00
(土曜、日曜、祝祭日、および年末年始、春季、夏季の弊社休業日を除く)